葉酸サプリを摂取する際は過剰摂取しないように注意する

妊娠中や妊活中の女性にとって、葉酸を摂取することは極めて重要です。さまざまな野菜に葉酸が含まれているため、日頃から野菜を十分に食べるようにする必要があります。ただし、食事だけで十分な葉酸を摂取することは困難なので、葉酸サプリを上手に活用していくことが求められます。しっかり野菜を食べているから大丈夫だと思っていると、気づかないうちに葉酸が不足してしまうことになるのです。

葉酸が特に必要とされるのは妊娠中の女性なので、妊娠したことが判明してから葉酸を摂取すればよいのではないか、と思ってしまう人もいます。しかし、実は妊娠する前から葉酸を摂取することが望ましいのです。妊娠中に限らず、妊活をしている最中でも多くの栄養素・成分を摂取することになりますが、特に葉酸の摂取量に気を配る必要があります。葉酸サプリというのは、妊娠していない女性が飲んでも問題ないサプリです。

ただし、どのくらいの量を摂取するかについて、きちんと確認しておかなければなりません。葉酸というのは水溶性のビタミンなので、大目に摂取してしまったとしても、体外に排出されていきます。しかし、不要な部分が全て排出されるとは限らないため、安易に摂取するのは禁物なのです。一時的な過剰摂取なら心配ありませんが、葉酸サプリの過剰摂取を長く続けていると、さまざまな副作用が発生するリスクを伴います。たとえば、食欲不振・不眠症などの副作用です。

妊娠する前の過剰摂取であれば、自分自身に副作用が出てくるだけで済みます。しかし、妊娠中に過剰摂取をしてしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも重大な被害が出てしまうことがあるのです。多少の飲みすぎであれば重大な副作用にまではつながらないものですが、過剰摂取になると赤ちゃんが喘息になってしまう確率が高まるという報告もなされています。葉酸を摂取するのは赤ちゃんが健康に育つのを助けるためなので、副作用のリスクはできるだけ軽減させなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする